ホルモンバランス乱れ 治療

Sponsord Link


ホルモンバランスの乱れをチェックし、治療して改善しよう。

ホルモンバランスが乱れると様々な悪影響が出ます。
まず御自身のホルモンバランスが乱れていないかチェックしましょう。

  • 手足が冷えたり顔が火照る
  • イライラする、気力がわかない、憂うつになる
  • 生理前の症状が悪化する、生理が不定期になる
  • 寝つきが悪い、夜中に起きる
  • 肌が荒れる、爪が欠けやすい、毛髪が抜ける
  • 頭痛、めまい、吐き気がする
  • 動悸、息切れをする
  • 便秘、下痢をしやすい

当てはまる項目があると注意が必要です。

 

治療方法はホルモンそのものを投与するものと、ホルモンの材料になるものの投与、そして生活習慣の改善です。
生活習慣の改善は、バランスのとれた食生活、良質で十分な睡眠、休養、適度な運動、ストレス発散です。
一日三回のきちんとした食事が大切です。
食事制限でのダイエットはしてはいけません。
身体を壊すばかりでなく、精神的にも不安定になります。
さらに不妊症になる可能性も十分にあります。
適切な睡眠時間は人によって様々ですので自分に合った睡眠時間を見つけてください。
参考ですが、子供の学力と睡眠時間の関係の調査では、8時間睡眠の子供の点数が一番高かったそうです。
過労の状態が続くと身体と心に大きな負担になりますので、休養はしっかり取りましょう。
適度な運動はストレス発散にもなり、効果的です。
じっとり汗をかく程度でよいので継続して運動をするとよいでしょう。
いきなり激しい運動をすると身体を壊しますので、手軽にできる運動から始めましょう。
バス停を一つ分歩くことや階段を使うようにする、ストレッチをすること等で十分です。
ストレスが溜まると、他でいくら良いことをしても台無しになります。
それくらいストレスが溜まることは悪いのです。
小説や映画に感動して泣くことは非常に良いストレス発散方法です。

上記のように運動もよいストレス発散方法です。

Sponsord Link

ホルモンバランス乱れ 治療関連ページ

乱れ 原因
ホルモンバランスの乱れは不摂生とストレスが原因です。症状は精神的なもの、肉体的なものから美容面にまで及びます。改善方法は生活習慣を見直すことです。自分に合ったストレス発散方法を見つけると良いです。
乱れ 症状
ホルモンバランスの乱れの原因はストレスと過度のダイエットが多いです。症状は精神的、肉体的なもの始め、美容面にも悪影響を与えます。婦人科で尿検査と血液検査をすればホルモンの量は分ります。