ホルモンバランス乱れ 症状

Sponsord Link


ホルモンバランスの乱れからくる症状の原因とその検査方法

ホルモンバランスの乱れからくる症状は

  • イライラ
  • 憂鬱になる
  • 疲れやすい
  • 集中できない
  • 肌が荒れる
  • 肌の弾力、艶、ハリが無くなる
  • シミ、そばかす、ニキビが増える
  • 生理不順
  • 生理痛
  • 不妊症
  • 頭痛
  • 寝つきが悪い
  • 身体が火照る、冷える
  • 爪が割れる
  • 髪が抜ける
  • 髪の艶が無くなる

等です。

 

原因は運動不足とストレス過多が多いです。
食事バランスの偏りや過度のダイエットも悪影響があります。
栄養のバランスが取れていないとホルモンの分泌が良くなりません。
睡眠不足もホルモンの分泌に悪影響です。
中でもストレスはホルモンバランスを乱します。
他でどんなに良い生活習慣をしていても、ストレス過多だと一気にホルモンバランスが崩れます。

 

改善方法は、栄養バランスの良い食事、十分な睡眠、休養、適度な運動、自分なりのストレス発散です。
一日三食きちんと食べることは基本です。
12時をまたぐ睡眠もできれば実践しましょう。
適切な睡眠時間は8時間前後と言われていますが、個人差があるので自分に合った睡眠時間を確保しましょう。

 

 

身体の調子がおかしい時は医療機関を受診しましょう。
受診するのは婦人科が良いでしょう。
ホルモンの量は尿検査と血液検査で分かります。
費用も保険適用なので数千円で済む場合が多いです。
一つ注意すべきことは、古くからある婦人科の診療所は避けた方がいい場合がある点です。
婦人科を掲げていても、古い知識しか持ち合わせていない場合が多いからです。
ホルモンバランスという概念を持たない医師がいることがあります。
若い医師なら最近の知識を持っていることが多いです。
ベテランの医師が悪いと言うわけではありません。
むしろ経験豊富という点では魅力的です。
しかし、勉強を怠っている医師がいることも事実です。

Sponsord Link

ホルモンバランス乱れ 症状関連ページ

乱れ 原因
ホルモンバランスの乱れは不摂生とストレスが原因です。症状は精神的なもの、肉体的なものから美容面にまで及びます。改善方法は生活習慣を見直すことです。自分に合ったストレス発散方法を見つけると良いです。
乱れ 治療
ホルモンバランスの乱れのチェック項目をいくつか挙げました。該当する場合は治療する必要があるかもしれません。生活習慣を改善してホルモンバランスを整えて健康になりましょう。