ホルモンバランス乱れ 原因

Sponsord Link


ホルモンバランスの乱れの原因と症状。その改善方法。

ホルモンバランスが乱れる原因は

  • 食事の量が十分でない
  • ビタミン不足
  • ミネラル不足
  • 睡眠時間が十分でない
  • 運動不足
  • ストレスが多い
  • 過労
  • 加齢

などが考えられます。

 

症状は、イライラする、集中力が無くなる、頭痛、抑うつ症状、火照り、冷え、疲れやすい等があります。
また、精神的に不安定にもなります。
さらに、美容面で問題が出ます。

  • 肌のハリが失われる
  • 肌の艶が無くなる
  • 肌の弾力が無くなる
  • シミ、そばかすが出来やすくなる
  • 肌荒れが起きやすくなる
  • 抜け毛が増える
  • 髪の艶が失われる

などがあります

 

ホルモンバランスを改善するためには、乱れの原因を改善することに尽きます。
食事は栄養バランスを考えて三食きちんと食べることです。
栄養バランスがどうしても偏ってしまう場合はサプリメントで補うこともできます。
睡眠不足を解消するには、夜にできるだけ暗くして眠るとよいです。
また、12時をまたぐ睡眠はホルモンの分泌を良くしてくれるので効果的です。
睡眠時間の理想は8時間ですが、人によって適切な睡眠時間は違います。
自分に合った睡眠時間を見つけましょう。
運動不足は、日々の少しずつの運動で解消しましょう。
いきなりハードな運動をすると、身体を壊しますし長続きしません。
ストレッチやウォーキングなど、じっとり汗をかく程度の運動で十分です。
ストレス解消には趣味を持つことが有効です。
本や映画で泣くことは、とても良いストレス発散方法です。
入浴やアロマも良い方法です。
過労はホルモンバランスを乱します。
出来るだけ休養を取るようにしましょう。
加齢と共に、ホルモンの分泌量は減少します。

自然なことですが、本人にとっては辛いことです。
あまりに辛いようでしたら、医療機関を受診して対処の薬を処方してもらうことができます。

Sponsord Link

ホルモンバランス乱れ 原因関連ページ

乱れ 症状
ホルモンバランスの乱れの原因はストレスと過度のダイエットが多いです。症状は精神的、肉体的なもの始め、美容面にも悪影響を与えます。婦人科で尿検査と血液検査をすればホルモンの量は分ります。
乱れ 治療
ホルモンバランスの乱れのチェック項目をいくつか挙げました。該当する場合は治療する必要があるかもしれません。生活習慣を改善してホルモンバランスを整えて健康になりましょう。