産後 ホルモンバランスの崩れ 症状

Sponsord Link


産後のホルモンバランスの崩れによって起きる症状

出産はホルモンバランスが大きく変わるイベントです。
産後にホルモンバランスの崩れが起きると様々な症状が出ます。

 

多くの人が経験するものは大量の抜け毛です。
妊娠中に抜けるはずだった量の毛髪が一気に抜けます。
尋常ではない量が抜けるのでびっくりされる方が多いです。
ですが、大抵の場合は正常なホルモンの影響なので安心してください。
ただし、ずっと抜け続けて薄毛になるようでしたら医療機関を受診しましょう。

 

産後うつについて述べます。
産後は、妊娠のために分泌していたホルモンの量が急激に低下します。
そして授乳と子宮の回復のためのホルモンが増加します。
このホルモンバランスの急激な変化が精神的な負担になります。
さらに周囲の理解、協力がないと育児疲れから産後うつになってしまうことがあります。
おっぱいが出ない、赤ちゃんが飲んでくれない、夜泣きをする、24時間注意していないといけない等、お母さんの心配の種は尽きません。
ストレスで産後うつになったり自律神経失調症になる方は多いです。
一人でもいいから心を打ち明けられる人がいると大分良くなります。

 

産後の骨盤の歪みもホルモンバランスを崩す原因です。
また、妊娠中の体重の増加を太ったと大きな誤解をする人がいます。
産後も体重が増加する時があります。
決して全ての人が体重増加するわけではありません。
なので自分だけ太るのは嫌だと思われる方もいらっしゃいます。
ですが、赤ちゃんを育てるのに痩せてしまっていては保ちません。
産後の無理なダイエットは避けましょう。

 

美容的な面について述べます。
妊娠中はホルモンの影響で毛髪が抜けにくくなり、艶も出ます。
また、肌の老化も防止されます。
出産するとこのホルモンが減少し、老けたように感じられます。

Sponsord Link

産後 ホルモンバランスの崩れ 症状関連ページ

崩れ 症状 女性
女性の不正出血の原因はホルモンバランスの崩れの場合があります。ストレスを溜めるとホルモンバランスが崩れることがあります。軽度の症状の内に医療機関を受診して早めに対策をしましょう。
崩れ 症状 男性
女性に限らず男性もホルモンバランスの崩れによる症状が出ることがあります。中高年の男性の太る原因がホルモンバランスの崩れの場合があります。対策を見ていきましょう。