ホルモンバランスの崩れ 症状 女性

Sponsord Link


女性がホルモンバランスの崩れによって起こす症状

ホルモンバランスの崩れによって女性にどのような症状が出るか挙げていきます。

 

まず、月経関係に問題が出てきます。

 

月経のサイクルが不規則になる生理不順があります。
ストレスが原因でホルモンバランスが崩れ、発症します。
何カ月、何年単位で続くようであれば他の病気も考えられますので、妊娠を希望される方は医療機関で検査をお勧めします。

 

不正出血という問題もあります。
不正出血とは月経周期以外で出血することです。
病気で起きる器質性出血と、ホルモンバランスの崩れで起こる機能性出血があります。
器質性出血はがんやポリープなどの重大な病気が隠れている場合があるので注意が必要です。
機能性出血はホルモンバランスの崩れで出血します。
上記二つ以外にも妊娠の可能性があるので不正出血を起こしたらすぐに医療機関に行きましょう。

 

酷い生理痛がホルモンバランスの崩れで起きることがあります。
これに加えて頭痛、腰痛、冷え等が併発する場合があります。

 

月経関係の問題は、不妊症の原因になるので、妊娠を希望される方は医療機関に相談しましょう。

 

次に肌関係の問題を見ていきます。
ホルモンバランスが崩れると、皮脂の量が極端に増えたり減ったりします。
このため、脂性肌になったり乾燥肌になります。
そしてニキビや吹き出物が出来たり、化粧のノリが悪くなったりします。
くすみやむくみの原因にもなります。
シミやそばかすの原因にもなります。

 

更年期障害を見ていきます。
更年期障害というと年配の方の病気と思われるかもしれませんが、若年性更年期障害という病気があります。
だるさ、ほてり、不眠、イライラ等、外見からは分らない症状が多く出ます。
しかし本人はとても辛いです。
原因は閉経ですが、若い女性が無理なダイエットをしたり、ストレスをため込んだり、喫煙をしても発症することがあります。

Sponsord Link

ホルモンバランスの崩れ 症状 女性関連ページ

崩れ 症状 男性
女性に限らず男性もホルモンバランスの崩れによる症状が出ることがあります。中高年の男性の太る原因がホルモンバランスの崩れの場合があります。対策を見ていきましょう。
産後 崩れ 症状
産後はホルモンバランスの崩れが起きます。これ原因で産後うつ等の様々な症状が出る場合があります。また、産後に太る人もいます。一過性の場合もありますが、重症になる場合もあるので周囲の協力を得ましょう。