ホルモンバランス 崩れ 乱れ 原因 症状

Sponsord Link


どうしてホルモンバランスは崩れるの?

ホルモンバランスの崩れとはエストロゲンとプロゲステロンという二種類のホルモンのバランスの崩れを言います。
原因は

  • 身体の冷え
  • 過剰なダイエット
  • バランスの悪い食事
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 加齢

等です。

 

身体の冷えは卵巣などの女性特有の臓器を冷やしてしまい、正常な機能を失ってしまうことです。
エアコンのかけ過ぎ、湯船にしっかり浸からない、薄着をしすぎることが挙げられます。

 

過剰なダイエットはホルモンバランスを崩すだけでなく、生命に危険が及ぶので避けねばいけません。

 

バランスの悪い食事もホルモンバランスを崩します。
身体を作る材料の栄養が不足するとホルモンが作られません。
また、肉に偏ったり、野菜に偏ったりというバランスの悪さもホルモンの生成に悪影響を与えます。

 

睡眠不足はホルモンバランスを崩す大きな原因です。
睡眠中にホルモンは作られるので、睡眠時間が短いとホルモンが十分生成されません。
また、12時を過ぎてからの就寝では、正常な身体がホルモンをつくるピークの時間帯を逃してしまいます。

 

ストレスもホルモンバランスを崩す大きな要因です。
上記に挙げた事項を全て改善しても、ストレスだけでホルモンバランスを大きく崩します。
ストレスが多いと自律神経の働きが悪くなり、ホルモンのバランスが崩れます。
また、血流も悪くなり、冷えが引き起こされます。
これによってもホルモンバランスが崩れます。
ストレスがたまると不眠症になる場合もあります。
これもホルモンバランスが崩れる原因です。

 

また、加齢とともにホルモンバランスは崩れます。
更年期障害という言葉を聞いたことのある方も多いはずです。
閉経などでホルモンの生成が減少するとホルモンバランスは崩れます。

ホルモンバランスはどうやって整えるの?

ホルモンバランスを整えるには、三食の正しい食事が不可欠です。
インスタント食品や甘いものなど、塩分と糖分が多過ぎるものは避けた方がよいです。
また、過剰なダイエットは避けるべきです。
ダイエットをする場合、食事はきちんと取り、運動でカロリーを消費するべきです。
食事でカロリー摂取を控えてしまうとホルモンバランスを崩します。
それだけでなく、身体の様々な部分に悪影響が出てしまいます。
精神的にも悪影響が出る可能性があります。
適切に筋肉をつけると、基礎代謝が上がります。
基礎代謝が上がると、何もしなくてもカロリーを消費します。
ですので、ダイエットをしたい方は筋肉をつけることが楽で効果的です。

 

適度な運動もホルモンバランスを整えることに効果があります。
ホルモンバランスを崩す大きな原因であるストレスの発散になるからです。
また血行が良くなり冷えが改善されます。
適度な疲れが発生し、良質の睡眠が得られます。
食事もおいしく食べられるようになります。

 

十分な睡眠もホルモンバランスを整えることに効果があります。
睡眠中にホルモンが多く生成されるからです。
良質な眠りはホルモン生成には不可欠です。

 

お酒とたばこはホルモンバランスを崩す原因になります。
お酒は少量をごく稀に飲む分なら問題ありませんが、毎日大量に飲むことは身体に悪影響です。
たばこは百害あって一利なしなので直ちに止めましょう。
自分の意志だけで止められない場合は、医師に相談すると薬を処方してくれます。

 

ストレス発散として、アロマテラピーもお勧めできます。
好きな香りの中でリラックスできます。
心が落ち着き、精神面、肉体面でも良い効果が期待できます。

 

本や映画で感動して泣くことも、ストレス発散には良いことです。
泣くことでスッキリできます。

ホルモンバランスが崩れると、どうなるの?

ホルモンバランスが崩れると様々な症状が出ます。
代表的なものを挙げていきます。

 

自律神経失調症という病気があります。
めまいや発汗、過呼吸、脈が速くなる、頭痛、吐き気、立ちくらみ、血圧の上昇下降という身体症状が出ます。
また、イライラする、気分が悪い、不安感、焦燥感、抑うつ症状、気が重いなどの精神的症状が出ることもあります。

 

生理不順、頻発月経、稀発月経、無月経、過多月経、生理痛という女性特有の症状があります。
正常な周期で生理が来なくなることがあります。
また、生理が来ても大量に出血してしまうことがあります。
この場合、貧血が心配されます。
また、生理痛が酷く、何も出来なくなってしまうこともあります。
不妊症もこのカテゴリーに分類されます。
妊娠を望んでも、子供を授かることの出来ない身体になってしまうことがあります。

 

肌のトラブルも起きます。
乾燥肌になったり、脂性肌になることがります。
肌荒れも起きます。
こうなると、ニキビや吹き出物が出来ます。
また、化粧のノリが悪くなります。
シミやそばかすも出来やすくなります。

 

更年期障害もホルモンバランスの崩れで現れます。
一般的には閉経の頃に現れますが、過度なダイエットをしていると若い人でも発症します。
症状は

  • 身体が火照る
  • 寝つきが悪い
  • 体力が落ちる
  • 倦怠感
  • ひん尿
  • 頭痛
  • 骨粗鬆症
  • イライラ

などです。
酷い場合は医療機関での治療が必要になります。

 

抜け毛、薄毛もホルモンバランスの崩れで起きます。
ホルモンの分泌に異常をきたすと、抜け毛が多くなります。
ストレスが原因の場合も多いです。

 

甲状腺の病気も起きることがあります。
甲状腺ホルモンの異常で発症します。
若い女性が多く発病します。
場合によっては不妊につながってしまう恐ろしい病気です。

Sponsord Link